アフィリエイト初心者用のページ15選

「読む価値ないわ」って人はこちら

アフィリエイトとは、広告収入ビジネスです。紹介に成功すると報酬が支払われます。

アフィリエイトの手順について、大きく分けると以下の3つの手順になります。

 

  1. 紹介する商品を決める
  2. 商品に合わせて紹介する方法、相手を決める
  3. 購入、申し込みで報酬発生

 

このページでは、アフィリエイト関連の情報をまとめています。

 

案内

 

【3-7】アフィリ 特徴

 

アフィリエイトには、扱う商材や手法により、様々な手法に分類されます。

 

  • ブログアフィリエイト
  • メルマガアフィリエイト
  • SNSアフィリエイト
  • PPCアフィリエイト
  • オプトインアフィリエイト(無料オファー)
  • アプリアフィリエイト
  • ……などなど

 

自分に合った方法を探しましょう。

 

【3-2】ASP関連

 

商品を紹介する為には、ASPにアフィリエイターとして登録する必要があります。ASPとは、販売者と紹介者(アフィリエイター)、場合によっては購入者を仲介するサービスです。

ショッピングサイトとして利用できる場合もあります。

 

【3-3】アフィリエイトを始める前に

 

初心者が注意する点は、騙されないこと、騙さないことです。

アフィリエイトには「初期費用や赤字・在庫など、リスクが少なく、誰でも気軽に始められる」という側面もあります。

そうした側面があるので、詐欺とはいかないまでも、購入者を軽視した無責任な紹介が横行しやすいです。

これからアフィリエイトを始めるという方は、アフィリエイトのメリットである気軽さを活用しつつ、注意点である「無責任になりやすい」という傾向についても理解しておく必要があるでしょう。

 

【3-6】アフィリエイト ルール説明

 

ASP毎に規約がありますが、大体共通していることは、以下の通りです。

 

  • 販売者(広告主)との直接連絡の禁止

ASPを介さずに広告主と連絡を取り合うこと

  • 薬事法、誇大広告、誇張表現、事実と異なる表現
  • スパム行為

 

ASPの規約とブログなどのサービスの規約、取り扱う商品の規約を守りましょう。

規約に関して不明な点があれば、問い合わせを利用しましょう。

 

【2-5】RSS関連

 

更新を通知する機能です。

自サイトであればメルマガよりも登録されやすいです。

他サイトであれば情報収集に役立ちます。

SNSの普及でオワコンなのでは?とも言われましたが、SNSよりも自由度は高いです。

「このカテゴリーの更新だけ受け取りたい」という風に、通知の内容を設定することが可能です。

また、SNSではタイムラインによって投稿が流されていくため、過去の投稿を探すのに苦労しますが、RSSでは過去の更新も簡単に見つけることができます。

テレビに例えると、SNSがリアルタイムの視聴なら、RSSは録画のような機能です。

 

ブログ関連

 

ブログとは、ウェブサイトの一種です。一般的には「Web上で作る日記のようなもの」という認識を持たれています。しかし性質を理解する事で、様々な目的に応用できます。個人利用・商用利用・ビジネス・集客・ブランディングなど、幅広く利用することができます。

そして、アフィリエイトを行う上でも、よく使われる媒体でもあります。ブログを活用すれば、集客、販売を自動で行えます。アフィリエイトでブログを使うのであれば、紹介する商品とブログのジャンルは合わせましょう。また、商用利用であればワードプレスなど有料ブログが望ましいですが、無料ブログでもアフィリエイトは可能です。

 

SEO関連

 

集客においてSEOは重要な要素です。SEO対策で上位表示を狙い、ペナルティ対策で下位表示を避けましょう。

ただし、SEOに関しては競争が激しい上、効果が出るまで時間がかかり、更に効果が出たとしても非常に不安定なため、初心者はそこまで必死に学ぶ必要はないかと思われます。初心者のうちは、ペナルティを受けて下位表示されないことに集中しましょう。

更に最近では検索エンジンの機能向上に伴い、「サイトにアクセスしなくても欲しい情報が見つかる」という状態になりつつあります。したがって、上位表示されてもアクセスが見込めないという時代に近づいていると言えます。

こうした風潮を考えると、ブックマークやメルマガなど、「検索エンジンを介さずに直接ユーザーにアクセスしてもらえる工夫」が必要になってくるかと思われます。

 

ポイントサイト関連

 

アフィリエイトとは少々違いますが、ポイントサイトなどでも紹介制度で報酬を受け取れる場合があるので、アフィリエイトで学んだテクニックが役立つでしょう。

また、ポイントサイトは「リワード広告」というシステムを利用して、運営しています。

このリワード広告とは、アフィリエイトの一種です。

ポイントサイトの仕組みは、端的に言うと「ポイントサイトがアフィリエイトにより受け取った報酬の一部をユーザーに還元する」という仕組みです。

この仕組みにより運営されているため、ユーザーから利用料をせしめる必要がないわけです。

ただし、中には悪質なポイントサイトもあるため、利用には注意が必要です。

悪質なポイントサイトを見分けるにはいくつかの注意点があり、「運営会社について調べる(資本金や設立年数、IR情報)」「交換条件に注目する(下限と上限)」などが挙げられます。

 

【3-5】FC2アフィリエイト

 

FC2ではFC2ブログ、FC2動画など、無料有料含め様々なサービスを運営しているのですが、その中に「FC2アフィリエイト」というサービスがあります。

登録は無料です。

報酬はFC2ポイントとして支払われます。

 

作業関連
作業効率化に関して 作業環境・おすすめデバイス 便利なツール・アプリ テクニック・小技・tips メンテナンス・バックアップ

 

アフィリエイトにおける作業は、多岐に渡ります。

主な作業として、ASPなど関連サービスへの登録、サイトの開設、記事の投稿、SEO対策、メルマガ作成、商品リサーチ、購入者へのサポート(一部)などがあります。

優先度の付け方、ショートカット、外注化や自動化などで効率化を図ります。

また、せっかくの作業が水の泡となってしまう場合に備え、バックアップも準備しておきましょう。

 

【0-15】商品・サービス紹介ページ関連

 

紹介できる商品、サービスは多岐に渡ります。

一例として、このサイトで現在扱っている商品をご確認いただけます。

参考までに、美容や脱毛など「リアルだと相談し辛い悩み」に関する商品が人気です。

しかし、人気商品だとライバルのアフィリエイターも多くなるため、報酬を得るためには一工夫が必要になります。

例えば、ターゲットを絞ってみたり、違う角度から商品をレビューしてみるなど、競合と衝突しない、ニッチな部分を攻めてみる必要があるでしょう。

また、情報商材は報酬が高く設定されています。

情報商材とは、「ペットのしつけ」や「恋愛術」「処世術」「ダイエット法」「ネットビジネスの正攻法」などの「情報」を商品にしたものを指します。

情報が商品という性質上、価格が高く胡散臭い商品が多いため、購入までのハードルは高いですが、稼ぐためには有効な手段と言えます。

そのハードルを下げるために、情報商材には特典をつけて紹介することが可能です。

特典には、例えばメールやスカイプでのサポートなどがあります。

こうした特典などの制度を利用し、購入者の不安や疑問を取り除く紹介を行うことが肝要となるでしょう。

アフィリエイターの場合だと、主にアフィリエイター自身が購入し、商品に関して実際に体験し、その体験を基に紹介とサポートを行う、というのが一般的な流れです。

 

購入・申し込み前に注意する点

 

普段は特に意識していないかもしれませんが、プライバシーポリシーや利用規約など、購入・申し込み前の確認事項は探せば多くあります。

その他にも、レビューの分布や利用している広告媒体、費用の回収方法など、商品に関する情報を注意深く検証すれば、詐欺や失敗を減らすことができるでしょう。

購入者としてはもちろん、紹介者としても自身の信頼を守る為に勉強しておきましょう

 

メルマガ関連

 

ブログは誰でも見れますが、メルマガは登録したユーザーしか受け取れません。そのため、メルマガの購読者は自然と関心の高いユーザーで形成されるようになり、ブログなど他の媒体と比較して成約率が高くなる傾向があります。

顧客を育成し、一人の顧客に繰り返し利用してもらうことで、集客の弱さを補います。「数より質」「都心の企業に対する地方のお店」的な考え方です。

SEO対策に不安がある人は積極的にやりましょう。

 

【1-19】ルール・マナー関連

 

アフィリエイトには信頼が大事です。

信頼を構築するためには、ネット上でのマナーについて把握しておく必要があるでしょう。

アフィリエイト以前にインターネット上での前提として、学んでおきましょう。

特定商取引法や特電法、薬事法、または広告素材に関する著作権など、アフィリエイトを行う上で、把握しておくべきでしょう。

規約違反が発覚すると報酬が無効となる場合がありますので、注意が必要です。

 

まとめ

 

アフィリエイトは、ネットビジネスの中でも特に知名度が高く、また気軽に始めることができるので、人気が高いです。

 

しかし、統計によるとアフィリエイトで稼げている層は全体の5%に満たないと言われています。

つまり、95%が稼げていないということです。

 

また、副業の需要やアフィリエイトの知名度の上昇に伴い、今後さらに競争が激しくなることが予想されます。

 

これまでのアフィリエイターは、主婦層だったりスキマ時間での副業だったりがメインの層でした。

 

しかし、不祥事や不景気で企業、結婚、子育てへの信頼が揺らぐにつれ、副業への関心も高まりつつあります。

 

その結果、今まで高学歴・高収入で大手に就職して安定していた人達が、副業に乗り出し始めたとしたら、かなり手強い競合となるのは明白です。

 

アフィリエイトが人気を集める理由の一つに、「誰でも始められる」というハードルの低さが挙げられます。

 

「誰でも始められる」という気軽な気持ちで続けていたら、ある日突然ハイスペックな仕事人間達がやってくるわけです。

 

エンジョイ勢が集まっていたところにガチ勢が押し寄せるようなものです。たちまち淘汰されます。

 

特に「どこにも就職できないから自分で起業するしかない!」とネットビジネスを始めた人にとっては致命的な問題です。

 

会社員時代に培ったスキルや人脈を駆使されたら、とても歯が立ちません。

 

ビジネスでもなんでも、弱者は差別化してニッチ(競合が少なく、独自性の高い)な部分を攻める必要がありますが、強者はミート戦略(模倣)で勝てますから。

 

というか、差別化に対抗するなら模倣は定石です。

独自性を奪って条件を全て同じにしてしまえば、スペックが高い方が勝つのは当然ですから。

 

※ミート戦略の有名な例を挙げると、マクドナルド「メガマック」とバーガーキング「ワッパー」、トヨタの「プリウス」とホンダの「インサイト」などがあります。

 

現在でさえ9割以上が稼げていないとされているのに、今後更に苦戦を強いられることになります。

 

スキルや人脈が無いからネットビジネスを始めたというのに、ネットビジネスの世界でもそれらに追い立てられたら、一体どこへ行けばいいのでしょう。

 

要約すると「アフィリエイトは理論上【稼げるビジネスモデル】として成立しているが、実際の難易度は高い」ということになります。

 

稼げるビジネスモデルとして成立していても、実際に稼げるかはまた別の話です。

また、「他人の商品・サービスを紹介して報酬を受け取る」というビジネスモデルであるため、収益の安定性に不安があります。

収益が「他人の商品・サービス」に依存しているため、「販売元側の意向や戦略により、報酬額や契約期間が左右されやすい」という点が指摘されます。

 

では、アフィリエイトで成功できなかったら、どうすればいいのでしょうか?

というわけで、次のページです。

 

憶良
憶良
Hey,Siri!「ネットビジネス アフィリエイト以外」を調べて!
Siri
Siri
Webで“ネットビジネス アフィリエイト以外”に関する情報が見つかりました:

 

関連ページ

 

ネットビジネスの特徴を7つの観点から分析するつもり
ネットビジネスの特徴とは、「自由」であるという点です。それ故に結果や方法など、多くの部分が本人によって左右されます。 また、移り変わりが激しいという点にも注意が必要です。 例えば、サービス依存の手法の場合、サービス終了や変更により、成功できてた手法がいきなり使えなくなる、ということもあります。

 

ネットビジネスとは、インターネットを使ったビジネスモデルのことです。通信が主なので、紹介業や代行業、相談など、その場にない、その場にいなくてもできるという利点を最大限活かすことが重要です。通信技術を利用したビジネスなので、探すときはとにかく広く、見つけてもらう時はとにかく目立つ、がコツです。

 

様々なネットビジネスの手法を見ることで、自分に合ったやり方を探すことができます。

USP 説明

USPとは、端的にいうと「独自の売り・唯一無二の魅力」のことです。

他人の商材に依存するのではなく、自分で作った商品を、自分で紹介すれば良いのです。

オリジナルの商材を作ることさえできれば、アフィリエイトで培った紹介テクニックを活かして、販売に結びつけることができます。

いきなり「オリジナルの商材を作れ」と言われても困るかと思いますが、USPについて学ぶことで、オリジナルの商品に関するヒントを見つけることができます。


自由なコメント