「ダメ人間2.0」by地雷屋 リアルタイムでレビュー中!

スクリーンショット機能に関して、4つの観点から調べた

「暇つぶしにもならないな」って人はこちら
「暇つぶしにもならないな」って人はこちら

このページは…

スクリーンショット機能についてのページです。
目を通しておく事で、スクリーンショット機能を使いこなすことができるようになります。
このページでは、スクリーンショット機能の用途やテクニック・注意点などについて、簡単な説明を行っていきます。

結論

スクリーンショット機能は、画面を撮影する機能です。
画面を撮影することで、メモや参考画像として利用することができるようになります。
また、フォーラムや問い合わせなどで質問する際に利用すると、更に相手に伝わりやすくなるという側面もあります。
ただし、著作権や個人情報に注意が必要という特徴があります。
その対策として、著作権に関して勉強する、編集する、などの方法が挙げられます。

何故こういう結論に至ったのでしょうか?
詳しい内容に移ります

おすすめな人

  • 「スクリーンショットって何?」
  • 「使い方がわからない!」
  • 「どこに気をつければいいの?」
  • ……など

本題

スクリーンショット機能については、これらの項目に分けられます。

  1. 前提
  2. 用途
  3. テクニック
  4. 注意

それぞれ解説していきます。

前提

  • スクリーンショット機能とは、表示されている画面を、画像として保存する機能

用途

    確認

  • トラブル回避のため
  • 購入確認画面をスクショ
  • ネットショッピングやフリマの取引など

    証拠として

  • 「確認」と言われたら、スクショなどで記録しておいた方が安全

    説明

  • ブログとかで画像を使って説明する時に
  • 画像編集ソフトを使って、注釈とかを入れるとわかりやすくなる

  • フォーラムや問い合わせで質問する時に
  • より具体的な回答が期待できる

    個人情報の漏洩に注意

テクニック

    ショートカット

    画面全体

    command + Shift + 3

    選択範囲

    command + Shift + 4

    指定したウインドウ

    command + Shift + 4→スペース

    キャンセルする時

    esc

  • デフォルトの保存先はデスクトップ
  • 保存場所の変更をしたい場合

    デスクトップが煩雑になることを防ぎたいなど

    デスクトップを整理すると、多少なり動作が早くなる?

    保存場所の変更

  • ターミナルで行う

      手順

    • ターミナルを起動する
    • コマンド↓

defaults write com.apple.screencapture location ~/Documents/screenshot

killall SystemUIServer

  • 「location」の後に保存したいフォルダを入力
  • 保存したいフォルダを作成、またはターミナル画面にドラッグ&ドロップ
  • 「location」と「保存したいフォルダ」の間に半角スペースを忘れない!
  • 設定を削除するとき

  • コマンド

defaults delete com.apple.screencapture location

    ページの全体をスクリーンショットしたい場合

  • 画面に表示されてる部分だけではなく、スクロールが必要な部分も含めて撮影したい場合
  • Chrome

  • デベロッパーツールを使う

      手順

      PC表示をスクショしたい場合

    Windows

  1. Ctrl+Shift+Iでデベロッパーツールを起動
  2. Ctrl+Shift+Pで機能を検索
  3. 「full」で検索→「Capture full size screenshot」で決定

    Mac

  1. command+option+Iでデベロッパーツールを起動
  2. command+shift+Pで機能を検索
  3. 「full」で検索→「Capture full size screenshot」で決定

    スマホ表示をスクショしたい場合

  1. デベロッパーツールを起動
  2. command+shift+Mなどで、モバイル表示に切り替え
  3. デバイスを選択
  4. あとはPC版と一緒

    補足

  • できないページもある
  • Googleスプレッドシート

    Cpanelのファイルアップローダー

    セキュリティレベルが高いページは無理?

    後で触れる拡張機能でも無理だった

    なので印刷→PDF化で対応した

  • URLは含まれない
  • 空白や読み込み中の状態でスクショされてしまう場合

  • スクロールに応じてコンテンツが表示されるページ
  • 画像などの遅延読み込みを利用してるページ
  • 全てが表示された状態でスクショしたい
  • 一旦スクロールして、ページ全体を表示させてからスクショ
  • 余白を調整したい場合

  • ページのズーム機能を使う

      Win

    • 「Ctrl」+「マウススクロール」の上下
    • Mac

    • 縮小
    • 「command」+「-」
    • 拡大
    • 「command」+「shift」+「+」
  • 拡張機能
  • Chromeの拡張機能をインストールする
  • 特に必要を感じない
    • Firefox

      PC表示をスクショしたい場合

      手順

    1. アドレスバー横の「…」をクリック
    2. 表示されるメニューから、「スクリーンショットを撮る」をクリック
    3. 表示されるメニューから、「ページ全体を保存」をクリック
    4. プレビューが表示されたら、「↓」のダウンロードをクリック
    5. スマホ表示をスクショしたい場合
    6. 開発ツールを起動
    7. command+shift+Mなどで、モバイル表示に切り替え
    8. デバイスを選択
    9. あとはPC版と一緒

      補足

      不要な要素を非表示にしたい場合

    • 「ページの先頭に戻る」ボタンなど、不要な要素が映り込む場合
    • スクショする前に、開発ツールで非表示にする

      手順

    1. 非表示にしたい要素を右クリック「要素を調査」
    2. 開発ツール上で、非表示にしたい要素が選択される
    3. 選択された要素に対して右クリック「ノードを削除」
    4. 要素が非表示になるので、スクショ

      縦長のページとかで使う

    • 一々スクロールしてスクショするのは面倒

    指定した要素のみをスクリーンショット

      手順

    • デベロッパーツールを起動
    • 要素を選択
    • command+shift+Pなどで機能を検索
    • 「Capture node screenshot」を選択

    スマホで

    iPhone

      iPhoneX

    • サイドボタンと音量ボタンを同時押し
    • サムネイルをタップするとスクショを編集できる
    • 〜iPhone 8

    • スリープボタンとホームボタンを同時押し
    • 写真アプリの「スクリーンショット」アルバムに保存

      Assistive Touch機能

      手順

    1. ホームボタンをトリプルタップ
    2. Assistive Touchを選択
    3. Assistive Touchのボタンが表示されるので、タップ
    4. メニューが表示されるので、「デバイス」→「その他」→「スクリーンショット」
    • 設定アプリでも、Assistive Touchのスクショ機能を設定できる
    • 「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」

      Assistive Touchボタンを常に表示させたり、メニューを介さずに実行できるショートカットの設定ができる

      無音にする方法

    • 着信/通知音量を「サイレント」にする
    • iPhoneの横のスイッチを切り替える

    android

      Android 4.0〜

    • 電源ボタンと音量ダウンのボタンを同時に長押し
    • Android 9.0〜

    • 電源ボタンを長押し→「スクリーンショット」
    • それ以外の場合

    • GALAXY
    • 電源ボタンとホームボタンを長押し
    • arrows
    • キャプメモ機能により画面の端部をなぞる
    • AQUOS
    • 画面の上端部をなぞる

      Googleアシスタント

    1. 準備
    2. GoogleアシスタントをONにする
    3. 「設定」→「Google」→「Voice Match」で自分の音声を認識させる

      実行

    • 「Ok,Google.スクリーンショットを撮って」などの声掛けで実行
    • 「スクショ」では反応しない

    • LINEなど、共有するアプリを選ぶ
    • 共有すると本体内には保存されなくなる

      Webページ全体をスクショしたい場合

    • アプリ「画面メモ」を使う

      手順

    1. スクショしたいページで、「…」をタップ
    2. 「共有」メニューで「画面メモに保存」を選択

      スクショできない場合

    • アプリ側で禁止されている
    • dtvやAmazon primeなど

    • 空き容量が不足している

    注意

    個人情報

    • 個人を特定できるような情報、セキュリティに関わる情報を公開しないように
    • 画像編集ソフトを使って、不要な部分を削除する
    • 不安なら、そもそも撮影しない

    著作権法改正

      違法にアップロードされた作品と知りながらダウンロードするといった行為が、個人的な目的でも違法となるという法案

    • 著作権法の対象は違法にアップロードされたものだけ
    • 合法サイトから私的目的として無断でダウンロードをした場合は違法にはなりません

      対象

    • セーフ
    • 著作者の許可があれば、基本的には何でもOK
    • 企業公式のホームページや画像、ネット上の他人が投稿した画像をスクショ・保存して、個人で楽しむだけなら問題はない

    • 原則として、著作物の利用には著作権者の利用許諾が必要

        著作権者の許諾なしに利用していい

      • 私的使用
      • 図書館での複製
      • 正当な引用
      • 教育番組での放送、教科書への掲載
      • 入試問題としての複製
      • 非営利目的の上映
  • 例外として、私的使用目的の複製は利用許諾が不要
  • 二次的著作物のダウンロードは除く

  • 既に保存してある画像については、わざわざ消去する必要はない
  • 今回の改正案では、違法なものを所持している事実ではなく、ダウンロードという行為が違法

    刑事罰は後付けできないと憲法で決まっているので、さかのぼって適用される心配もない

  • 引用の要件を満たしていれば適法

      引用の条件

    • 公正な慣行に合致
    • 引用の目的上正当な範囲内
    • 条件を満たせば、著作権者の了解なしに著作物を利用できる

    • アウト

    • 刑事罰は、反復継続してダウンロードする場合
    • 個人利用が目的だとしても、著作権者の権利侵害をする複製は認めることができない
    • 例外の例外として、私的使用目的の複製であっても、違法にアップロードされた録音・録画の場合、違法であると知りながらの複製は禁止

        現在の法律で例外の例外とされているのは、以下

      • 「違法にアップロードされた録音・録画」
      • 「違法であることを知っている」
      • つまり「録音・録画」ではなく、写真や小説の場合には、利用許諾なく複製することができる

  • 以前に話題に上がっていた著作権法の改正では、対象を広げて「違法にアップロードされた著作物」になっていた
  • 写真や小説等のコピーも該当する

    スクリーンショットも含まれると騒がれていた

    • データそのものにコピーガードの仕組みがあった場合、それを解除してデータを複製するのは違法
    • コピーガードの仕組みがなければ適法
    • しかし、サイトの利用規約でその行為を禁止している場合は、契約違反になる

      その利用者の契約を切ったり損害賠償を請求したりできる

    • ソシャゲのガチャで引いたキャラをSNSで公開し、第三者がスクショ→場合によっては違法
    • 「キャラクター画像のスクショを保存する行為」は問題ない

      その画像を公開する行為は、場合によっては違法

      ゲーム画面も著作物なので、そうした利用を開発業者が許していればOK

    • 許していなければアウト
    • 合法サイトの電子書籍のスクショ→問題なし

      違法ダウンロードを行った後で、その画像を消したとき

    • 法律上罪にはならないが、証拠隠滅という評価はされる
    • スクリーンショットも違法になる?

    • 今回の改正は、被害の深刻な漫画の海賊版サイト対策

        対象がネット上の様々なコンテンツに拡大された

      • 小説
      • 雑誌
      • 写真
      • 論文
      • コンピュータープログラム
      • など

      コピペも?

    • 著作権を侵害していれば、違法ダウンロードに含まれる
    • 「海賊版サイト」からのダウンロードに関して
    • 以下を念頭に、文化庁が要件を絞り込んでいた
      • 原作をそのまま丸ごと複製する場合
      • 権利者に実害がある場合
      • 反復継続して繰り返す場合

    • どうやって知るのか?
    • 予想されるケース

    • 配信元の違法サイトの運営者が捕まり、そのサイトのログを調べて利用者を一網打尽にするという可能性
    • 刑事事件でも、家宅捜索で別の証拠が見つかって逮捕されるケースがある

      逮捕される?

    • 軽い罪だと逮捕はあまりない
    • 基本的に逮捕までいくのは、罪が重く放っておくと証拠隠滅をされそうな場合
    • 違法アップロード版をダウンロード
    • 懲役2年以下か、罰金200万円以下か、その両方

      映画の盗撮などは懲役10年以下か、罰金1000万円以下か、その両方

    • 海賊版サイトを運営
    • 懲役10年以下か、罰金1000万円以下か、その両方

      法改正の目的

    • 海賊版サイト対策
    • 公式版が被害を被るため

      意見

      厳しすぎる?

    • アニメやゲームの一部シーンを無断でアップロードした場合
    • 違法

    • その一部シーンをスクリーンショットすることも、デジタル複製の定義に入る
    • 理論上は違法

      「それだと厳しすぎるのでは?」という意見が強い

    • もともと個人がゲームやアニメの一部をSNSで公開する、アイコンにするといったことは違法
    • しかし「作品が広がるプラスの面もあるので見逃そう」という流れがあった
    • 法的には違法とはいえ、事実上は大目に見ていた部分が多かった
    • 「自分で楽しむためだけのダウンロードまで違法にすることはない」という意見が強い
    • ↑今後の焦点
    • 「国民を過度に萎縮効果させてしまうのでは?」という懸念の声も
    • そもそも違法にアップロードした側を取り締まればいいのでは?
    • しかしアップロードする側を取り締まるには色々な弊害がある
    • 外国が主体となっている場合など
    • 日本の著作権法が及ばない

    • なので利用者側を取り締まることになった

      情報が錯綜

    • ネット上では以下のような反応が見受けられた
      • 「SNSの画像をスクリーンショットするとダメ?」
      • 「Twitterのアニメアイコンはダメ?」
      • 「二次創作のイラストや漫画は違法?」

      参考

      事例

    • Windows Phone
    • Windows Phoneではスクリーンショットができない
    • できる方法もあるけど面倒

    • 2019年現在、スマホOS市場においてWindowsは大きく遅れをとっている
    • 著作権におけるリスクがあったとしても、コミュニティや文化を活性化させるというメリットも大きいということが考えられる

      定義

    • 使用とは、自分で読む、聞く、見るなど
    • 私的使用目的の複製が認められた理由は、以下
      • 著作権者の権利侵害の程度が大きくない
      • 複製の許諾や利用料の徴収が大変
      • 家庭内に法律を持ち込むことに抵抗がある
  • 利用とは、インターネット上にアップロードするなど
  • 現在の法律でも、自分のSNSにアップするために他人の著作物をコピーするのは禁止
  • OKなのは、自分が使うためのコピー

      法改正騒ぎの結果

    • 国会への提出見送り
    • 「利用者を萎縮させてしまい、著作物のネット利用を妨げるのではないか?」と業界からの反発が強かった
    • 事例

    • 6年前の音楽・映像の違法ダウンロードに関する法改正の時
    • 当時も利用者の委縮が懸念されていた

    • しかし、この6年間で更にネットでの音楽や映像の利用者は増えている
    • 漫画や小説でも同じ予想ができないだろうか?
    • 萎縮が起きたら、”折衷案”を再度検討すればいいのでは?
    • 来年から施行される予定だった

    まとめ

    今回の内容をまとめると、このようになります。

    • スクリーンショットは、「現在の画面」を撮影する
    • 主に保存して確認する、説明や質問の際に提示する、などの場合に使う
    • 著作権の法改正は、見送られたけどモラルは持ちたい

    感想

    • 思った以上に大きくなった
    • 選択範囲や、ページ全体保存は使う
    • 保存場所を変更しておくと便利
    • 更に保存場所にフォルダアクションを設定してると、もっと便利

    • フォルダアクションについては、以下
    • フォルダアクション関連
    • 以下のような、「画像がいいな」って時に使う

        文章だと分かりづらい

        動画だと長くて重い

    しかし…

    画像は編集が容易なので、信憑性が低い場合があります。

    ですので、証拠として保存しておく場合には、スクリーンショット機能では心許ないかもしれません。

    では、画面を証拠として記録しておきたい場合、どういった方法で記録するのが良いのでしょうか?

    というわけで、次のページです。

    次のページ

    録画方法関連

    動画として記録するのが最も有効です。

    実際に、僕がとあるポイントサイトでトラブった時、お小遣いサイト専門家の方から、以下のようなアドバイスをいただきました。

    「画像だと証拠として弱いので、動画で記録を残しておいた方がいい」

    「加えて動画内にURLも映してあると更に信憑性が高まる」

    トラブルが起きた際、円滑なサポートを受ける為には、如何に自分の状況を正確に伝えることができるか?が重要です。

    というわけで、次は画面を録画する方法についてのページにご案内します。

      【要約】

    • 現在の画面を録画する方法についてのページ
    • 画面を録画するアプリには、ZoomやQuickTimeなどがある
    • iPhoneでは、デフォルトで録画機能が備わっている
    • ゲーム実況など、効果音と人の声を同時に録音するには、一手間かける必要がある
    • 【意味】

    • 目を通しておく事で、以下の効果が期待できます。
      • トラブル発生時にサポートを受けやすくなる
      • 自分の状況を、より正確に相手に伝えることができる

    自由なコメント