「ダメ人間2.0」by地雷屋 リアルタイムでレビュー中!

文章も画像もゴミなブログでもアドセンス審査に合格するには?


このページは…

ブログの書き方についてのページです。
目を通しておく事で、文章力もデザインセンスも0の人でも、ブログを作ってアドセンスに合格することができるようになります。
このページでは、ブログの書き方、アイキャッチの作り方、アドセンス審査の注意点などについて、簡単な説明を行っていきます。

結論

アドセンス審査に対してそこまで完璧を求める必要はないです。
工事中のページが多数あっても合格できます。
また、文章を凝ったり、記事に画像を入れる必要もありません。
完成した記事数は20ページ程度で通過できました。
ただし、過激な内容やパクリは禁止という注意点があります。
その対策として、いきなり書き出さず、構成→下書きの手順を踏むという工夫が挙げられます。

何故こういう結論に至ったのでしょうか?
根拠や詳細を並べていきます。

おすすめな人

  • 「ブログを作ってアドセンスの審査に通過したい!」
  • 「でも文章書けない!」
  • 「画像を探すのも編集するのも嫌!」
  • ……など

本題

結論に至った根拠となる内容です。

以下の5つに分類されます。

それぞれ解説していきます。

文章が書けない

文章は凝らなくていい

文章考えると頭ギチギチする

    以下を考えると筆が止まる

    • 文章力
    • わかりやすさ
    • 正しさ
    • 公平さ
    • 説得力
    • リズム
    • 文脈
    • 面白さ
    • 言葉選び
    • 語順
    • レイアウト
    • 顔文字
    • 文章力
    • 役に立つか
    • 怒られないか
    • 人気が出るか
    • 褒めてもらえるか
    • これらを考えながら文章を書こうとすると、非常に難しい

  • なので諦める
  • 凝った文章を書いたところで、伝わらなければ意味がない
  • そもそも大抵のサイトは読み流されてる

    文章作成のプロであるコピーライターでも、作った文章は基本的に読んでもらえない

  • 詳しくは以下
  • 5つのNot
  • プロでも難しいんだから、素人がいきなりできるわけがない
  • 凝った文章ではなく、簡単な文章を作る
  • そうすれば、記事を書くことに対するハードルがグッと下がる
  • 下手に凝った文章を書こうとして支離滅裂になるよりもマシ
  • 最悪なのは「何が言いたいのか伝わらない」だから

  • 伝わらないよりは、言いたいことを単に並べただけの方がマシ
  • では「簡単な文章の書き方」とは?

箇条書きにする

    箇条書きなら簡単

  • 文章を書けと言われると難しい
  • 構成、順位付け、関連性など、全体のバランスを考えるのが大変

  • けど一問一答、Q&Aなら書ける
  • 全体ではなく、部分ごとに書けるから

  • バランスや順序を考えなくて済むから
  • 大幅な時間短縮になる

  • 文章を考える時間
  • 特にメールの返事とか時間かけちゃう人

  • 装飾にかける時間
  • 一つ一つドラッグ選択して……ってやってらんない

    短文のみで作るぐらいのつもりで

  • 長く書くとわかりづらい
  • 長文を一個ではなく、短文をたくさんの意識で書く
  • 10+10ではなく、1+1+1+1+……の意識で

    文章を削り過ぎてわかりにくいところは?

    言い換えや例えで補う

  • 上のように数式化したり
  • 同じ内容について色んな言い方をする
  • コピーライティングでも「大事な内容は繰り返す」という基本がある

    基本的に読み流されるから、繰り返さないと内容が届かないため

  • けど普通に繰り返すだけでは鬱陶しいし、ちゃんと読んでる人からすれば時間の無駄
  • なので、言い方を変える
  • 同じ内容に対して、色んな角度から説明してみる
  • 色んな角度から説明することで、より理解しやすくなる
  • 最初の説明ではわからなかったけど、次の言い換えでピンと来た!ということもある

  • 理解力は人それぞれなので、アプローチの方法は多い方がいい
    • 数字やデータで理解する人
    • 感覚で理解する人
    • 法則で理解する人
    • 文章で理解する人
    • 動画で理解する人など……

  • 文章を短くする分、伝わりやすさを意識する
  • とにかく並べる

  • リズムとか文脈とかも気にしない
  • 文章と呼べるかも怪しいレベルまで下げる
  • こうやって書いてる今も文章力の無さを痛感している

  • とにかく短く見やすくシンプルに!
  • ニコ動のコメントみたいに

    動画見ながらでも読めるくらい簡単に

    そうすれば、読み流しながらでも内容は頭に入る

    適当に装飾する

  • 最低限、淡々とやる
  • 決して凝らない

  • レイアウトとかも気にしなくていい
  • 面白さとか可愛さとか、デザイン面は捨てる
  • 素人が凝ると逆に酷いことになる
  • 下手に凝って大失敗するより、無難にまとめた方がいい
  • 服とか料理みたいに

  • なるべくシンプルなブログテンプレートを選ぶ
  • 自分は無料テーマのcocoonを使ってる

  • 他のテーマは使ったことないから比較はできない
  • けどアドセンスの設定が簡単だし、トラブってもフォーラムで対応してもらえるので、初心者にオススメ
  • ブログのテンプレート(WordPressテーマ)の選び方はこちら
  • WordPressテーマ 選び方

箇条書きにする手順

Xmind

    構成

    段落の順番とかを整理

  • いきなり書き出そうとすると、話が二転三転したり重複したりするから、予めマインドマップで整理してから下書き
  • 内容を整理することで読みやすくする
  • 無料版で十分
  • ぼっちに有料版は恐らく必要ない

    Xmindの使い方は以下

    Xmindの使い方

mi

    変換、下書き

  • Xmindで構成したファイルにBearで装飾するために、miで変換する
  • miの検索置換機能を使う
  • 正規表現はわからなくてもOK

  • 置換にはこのファイルを使う

mi置換用.txt – Google ドライブ

  • 短い文章の時はBearで下書きする
  • どちらかと言えばmiの方が下書き向き

    見出し折りたたみ機能とか目次機能とかあるから

    miの使い方は以下

    mi 使い方

Bear

WordPress

画像を用意するのしんどい

画像は一枚だけでいい

  • 画像あった方がいいっていうけど……
  • フリー画像で大喜利の真似するの辛い
  • わざわざ画像を探して、わざわざ編集して、結果スベるの辛い
  • どれだけ手間かけたところで、結局はセンスが無いと無駄

  • ウケ狙いとか間に合わせじゃなく、意味ある画像が欲しい
  • グラフとか図とか、内容に関連したもの

    文章では説明が難しい部分を伝えられるもの

    それができたらベスト

  • でも記事を作る度に画像を用意するのしんどい
  • 労力に見合わない気がする

  • なので、画像の枚数を絞る

アイキャッチ用に雛形を一枚だけ用意する

審査時の注意

過激な内容とパクリにだけ気をつける

落ちる内容

    広告主のイメージダウンにつながりかねないもの

    ドラッグ・アダルト系・酒・タバコ・ギャンブルなど

  • 暴力・誹謗中傷
  • 危険物
  • 花火とか

  • ハッキング・違法行為
  • 著作権違反
  • コピペ多用

  • 独自性の低いもの
  • 無料ブログ

    規約

    FC2ブログの無料版は無理だった

    審査が通った後で警告が来ることもある

    審査や警告の基準は明確にされていないので、あくまで目安で

    アフィリエイトリンクが多すぎる

  • 他の企業の広告がすでに張られている場合、審査が通らない可能性が高い
  • 削除してから申請

    記事内に企業名が入ってる

  • 広告のクリック率が下がるので

審査に落ちたら

    再審査を申請

  • 一回落ちたけど二回目で通った
  • 最初は「内容がショボい」という理由で落ちた

  • そこから新しい記事数ページ追加したら合格した
  • それ以外は特に何もしていない

    既存の記事を修正したりとかはしなかった

  • 審査期間は一日
  • 数日かかることも

小技・豆知識

小細工。審査に受かりやすくなる?

人気は関係ない?

  • 審査にブログのアクセス数は関係ない?
  • 少なくとも自分のブログはPV数激少ない

サーチコンソール に登録

  • Googleサーチコンソール に登録する
  • 検索エンジンへの記事の登録が素早くなるので、審査がスムーズになる

    検索エンジンへの記事の登録=インデックス

  • Googleサーチコンソール の使い方は、以下
  • Google search console について

プライバシーポリシーのページを作成

  • 閲覧者が「ちゃんと運営してるかどうか?」を判断するための材料となるので、作成しておいた方がいい
  • 審査だけでなく、通常のユーザーにとっても判断材料となる

  • Googleアナリティクスの導入でも必要になるので、作っておいた方がいい
  • 審査だけでなく、色んな場面で役立つので、用意しておく
  • プライバシーポリシーの作り方は、以下
  • プライバシーポリシー解説

お問い合わせページの作成

    「運営者が信頼できるかどうか」の判断材料になる

  • なんかあった時に連絡できるかどうか
  • 運営情報や連絡先を用意してない奴は怪しい

    「雲隠れするんじゃないか?」と疑われる

  • 身分証明書が普通と違う奴みたいな
  • クレジットカードの審査でも、連絡先は多い方が合格しやすい

    作り方

  • 「固定ページ」で作る
  • 「Contact Form 7」というプラグインを使う
  • このプラグインで作ったお問い合わせページは、AMP非対応

    AMPページを作ると、AMPエラーが起きる

  • お問い合わせページの作り方は、以下
  • ContactForm7でお問い合わせページを作る

サイトマップを作成する

    サイトの見やすさも考えて作っておきたい

  • 2種類用意する
  • どっちもプラグインでやる
  • 手動だと大変そう
  • XML
  • 検索エンジン(ロボット)用

  • インデックスを促進して、審査をスムーズにする
  • HTML
  • ユーザー(人間)用

  • 見やすいサイトにして、審査をスムーズにする
  • サイトマップの作り方については、以下
  • サイトマップ説明

審査用のコードの掲載場所

  • アドセンスの審査を受ける際に、「審査用のコードをサイトの指定した箇所に貼ってください」的なことを言われる
  • 言われるけど指定箇所がどこのことだかわかりづらい
  • どこに貼ればいいのか?

    Cocoonを利用してる場合

  • 以下の2通り
    • 「Cocoon設定→アクセス解析・認証」内の「ヘッド用コード」に貼り付ける
    • 子テーマ内の「tmp-user/head-insert.php」に貼り付ける

    コクーンはアドセンス用の設定が簡単・豊富なため、おすすめ

  • 無料だし
  • それ以外の場合

  • 指示通り ヘッダー内 に挿入する
  • <head>〜</head>

    のこと、<header>ではない

  • ヘッダーに挿入する方法は、以下の2通り
    • プラグインを使って挿入
    • 「テーマの編集」で挿入

    プラグインを利用する場合

    初心者向け、Googleが推奨

  • 「Head, Footer and Post Injections」「Advanced Ads」などのプラグインを使う
  • プラグインを使いすぎると、ページの表示速度が重くなる

    アドセンスによって更に重くなる

    テーマの編集で挿入

  • 「header.php」(テーマヘッダー)を編集
  • ミスるとブログが真っ白になって大変

  • 編集前にバックアップを取ること
  • 子テーマを使っている場合、「テーマヘッダー」が表示されない時がある

  • その時は親テーマの編集画面で探す
  • 「編集するテーマを選択」から親テーマを選ぶ

    正しく挿入されているかチェックする方法

  • デベロッパーツールで確認する
  • デベロッパーツールでソースを確認……審査用コード……となっていればOK

    審査後も認証コードを貼り付けたままだと、勝手に自動広告が表示されるようになる

    なので審査に通った場合は、必ず削除する

その他、よくある悩み

記事の内容が不安

    記事の内容が穴だらけな気がする

  • 記事の完成度が不安
  • 逆に穴を利用する
  • 次の記事への誘導に使う
  • 記事の穴を、次の記事へのトンネルにする

  • 「この方法では〜することができません。もし〜したい場合は、次のページで紹介しているので、こちらをご覧ください」みたいな感じで
  • メリット

  • 記事作りが簡単になる
  • 精神的にも内容的にもハードルが下がる

  • ネガティブを利用できる
  • 自虐が癖になってる人ほど、この方法は合ってる

    自分で添削するように

    自己批判する

    記事を紹介する時や、SNSでシェアする時に使える

    反省して次に活かすこともできる

    人に言われるより、自分で気づいた方が素直に受け止められる

  • 公平性を演出できる
  • 誇張を防げる

    短所を隠して長所だけアピールするのではなく、両方アピールすることで、公平な人物として評価してもらえる

  • 自然に誘導できる
  • 記事の内容は、「読者の疑問を解決するもの」というのが一般的

    記事の穴=読者の次の疑問なので、連続性が生まれる

    Q,A,Q,A,Q,A…といった具合に

  • 記事ネタが尽きない
  • 完璧な内容なんてありえない

    記事の穴が次の記事を生むから、無限に続く

    記事は疑問から生まれる

  • 完璧主義から脱することができる
  • 仮に満足いくまで作り込んだ記事で、収益化に成功したとする

    でもその先は?

    成功を維持するには、そのクオリティを維持し続けなくては行けない

    「完璧にやったから成功した」と思ってるわけだから

    完璧主義にはキリがない

    無尽蔵の精神力でもない限り、いつか限界が訪れる

    全力疾走を永遠に続けることはできない

記事が完成させられない

  • 完成図が頭には浮かんでるんだけど、実行するのが大変すぎる
  • 工事中にしちゃう

  • 工事中のページにアクセスすると言うことは、その内容に興味があると言うこと
  • 関心の高いユーザーを捕まえる工夫をする
  • 「工事中だけど、RSS登録したら完成した時に通知が行くよ!」みたいな
  • 工事中のページがあってもアドセンス審査は通る
  • 工事中のページは、インデックスされないようにする

  • 手順は以下
    • 工事中ページのタグやカテゴリーを……
    • noindexにする
    • サイトマップに入れないようにする
    • カバレッジエラーを避けるため

      プラグインのXMLサイトマップの設定で可能

まとめ

今回の内容をまとめると、以下のようになります。

しかし…

こんな感じで20記事くらい書いたら通りました

自分でも「駄目だろうな」と思ってたので、通った時は驚きました。

文章も画像もないし、知名度なんて皆無、更に工事中のページが山ほどあって、広告効果なんて殆ど期待できない状態だったので、まさか通るとは……。

まあ上でも書いたように、審査は担当した人にも左右されるので、今回担当した人が優しかっただけかもしれません。

とりあえず、「こんなブログでもアドセンス審査を通過できたよ」という報告をさせていただきます。

これから始める人、特に僕のような「できない、伸びない、続かない、やりたくない」タイプの人の参考になれば嬉しいです。

しかし、通過は始まりに過ぎません。

これでアドセンスでの広告掲載が可能になったわけですが、だからと言って即座に収益化に直結するわけではありません。

アドセンスで収益化を図るには、アクセス数を増やす必要があります。

つまり、人気ブログにする必要があるのです。

無理

そんなもの作れたら、こんなページ作ってません。

ついでにこんな人生も送ってません。

人気ブログを作る為には、様々な手段があります。

しかし、僕の場合は以下のように

  • 流行りを追いかけるの面倒臭い
  • 人を楽しませたり笑わせたりすることもできない
  • 履歴書真っ白で知識や経験も乏しいから役に立つ内容も書けない
  • お金ないからできることも限られてる
  • 引きこもりだから外の写真とか撮れない
  • コミュ障だからSNSで繋がって人呼ぶこともできない
  • 言い訳ばっかりで基本的に行動したくない
  • 何をやるにしろ、そこまで頑張りたくない
  • 根本的に自分が可愛い
  • 成長よりも保身が強い

    「頑張っても結局この程度」って自分に失望したくない

という風に、できないことが多過ぎて、書ききれないくらいです。

詳しくは以下

自分がどれだけ雑魚かを伝えてみたい

でも、ブログを運営するのに月5000円くらいかかっているので、回収しなくてはいけません。

今回の課題をまとめると、以下のようになります。

  • アドセンスで収益化を図るには、人気ブログにする必要がある。
  • でも、自分には人気ブログを作れるだけの中身がない。

では、中身がない奴が人気ブログを作るには、どうすれば良いのでしょうか?

というわけで、次回のページはこちらです。

次のページ

ダメ人間流の人気ブログ作成術

    【要約】

  • 中身空っぽの人間でも人気ブログを作る方法についてのページ
  • 人気とは、ファンの数ファンの質
  • つまり人気を得るには、と人を集めること人に好かれることが必要になる

    【意味】

  • 目を通しておく事で、中身空っぽでも人気を得る方法を知ることができます。

アドセンス禁止事項

    【要約】

  • アドセンスの禁止事項についてのページ
  • 主に広告効果を下げる行為広告主のイメージダウンに繋がる内容が禁止されている
  • パクリヤラセサクラチート も禁止
  • 他サイトの内容を丸ごとコピペ

    自分の広告を自分でクリック

    知人に頼んでクリックしてもらう

    ツールやbotで自動クリック

    要するに、ズルは禁止

    【意味】

  • 目を通しておく事で、アカウントの凍結・無効を防ぎ、報酬を守ることができます。

自由なコメント