「ダメ人間2.0」by地雷屋 リアルタイムでレビュー中!

モチベ0でもできる文字起こしマニュアル


動画版もあげる予定

他の方法も色々試したけど、これがベストだと感じたので

インストールなど、自己責任

不明な点があったら聞いて

準備

  1. writer.app【文字起こしアプリ】
  2. YouTube
  3. テキストエディタ(後述の機能がついてればどれでも)
  4. マイク(音声入力に使えれば何でも)

テキストエディタに必要な機能

  1. 検索置換
  2. PDF化

僕の場合はBearとiPhone標準イヤホン

手順

  1. writer.appで音声入力
  2. テキストエディタで仕上げ

1.は平均1時間

2.は平均1時間

音声にもよるけど大体こんな感じ

詳細

1.について

  • writer.appにログイン/登録
  • 無料

  • 音声入力ON
    • 「許可しますか?」的なメッセージが表示されるので、許可

  • Chromeの「環境設定」「詳細設定」「コンテンツの設定」「マイク」からも設定を確認できる

  • YouTubeで文字起こししたい音声を再生
  • プレーヤーの機能で再生速度を調整
  • 「文字起こしを開く」を使うと楽

  • 輪唱する感じで音声入力していく
  • リズムを合わせるとうまくいく

  • 再生終了まで続ける
  • バックグラウンドでも動作するので、他の単純作業などもできる

    音声入力しつつ修正してると後の作業が非常に楽

  • 一通り終わったら⌘+Aで全選択
  • ⌘+Xでカット

2.について

  • テキストエディタを起動
  • ⌘+Vでペースト
  • ⌘+F、⌘+alt+Fの検索置換で。を消す

    検索欄を。にして、置換欄を空白にする
  1. 「すべて」を選択する
  2. 完了
  • 仕上げのため、YouTubeでもう一度再生
  • 極力停止しない、流しっぱなしでできればベスト

  • 誤認識の修正、段落分けを行っていく
  • 誤認識がパターン化していたら、一々修正するより後で一括置換した方が楽

  • 例:「神父」が毎回「親父」になってる
  • →一々修正すると大変、後回しにして再生を続ける.

目次をつける

  • YouTubeの「文字起こしを開く」を使う
  • 文字起こしとタイムスタンプが表示される

  • YouTubeで見出しとなる部分を検索
  • 検索でヒットした部分の再生時間をコピー
  • 【再生時間 見出し】みたいな感じで目次と見出しを作っていく
  • ページ区切り
  • ↑作った見出しを利用してページ区切りしていく
  • 検索置換機能を利用する
  • 検索欄を数字:、置換欄をページ区切り数字:にする
  • ↑の数字やページ区切りは、「検索パターン」で表示される

    「検索パターン」は検索置換機能を使用中に、以下の操作で使用できる

  • A.虫眼鏡アイコンをクリック→検索パターンを挿入
  • B.⌘+alt+control+P
  • これで目次と見出しが検索にヒットする
  • 見出しの方を置換する
  • 目次の方は置換しない

  • これで見出しごとにページ区切りされる
  • 小説だと第1章、第2章……な感じで

  • 「ファイル」「印刷(プリント)」で区切った箇所を確認
  • 目次の方に区切った箇所を追加する
  • PDF化
  • アップロード
  • 注意 備考

      writter.appについて

    • 動作環境的に、Chromeでの使用がおすすめ
    • Webブラウザ上でやるので、秘匿性の高い情報を扱う目的には向かない
    • スマホ非対応
    • 無料でも可能
    • 流石にスリープ中は無理
    • 有料プランだと外部アプリケーションは不要、複数のファイルを同時に文字起こし可能

      その他

    • Evernoteだと重かったりPDF化した時に表示が崩れたりする

    その他

    他の方法とか応用とか

    全自動にする

      準備

    • writter.app
    • soundFlower
    • Releases · mattingalls/Soundflower
    • インストールに失敗する場合

    • ダブルクリックでインストーラを起動するのではなく、右クリックでinstall.appを選択
    • PCの「環境設定」→「セキュリティとプライバシー」で許可

      手順

    • PCの「環境設定」「サウンド」「出力」で「Soundflower(2ch)」にする
    • 入力も同様

      主音量は最大

    • writter.appで音声入力をON
    • 音量を最大
    • 再生速度は適宜調整

    • 文字起こししたい音声ファイルをアップロード
    • 「+」アイコンをクリック

      備考

    • リズムが合わせられないので、誤認識は多くなる
    • 音声の聞き取りやすさ依存

    参考:Macで writer\-app \+ Soundflower を使った完全自動文字起こしを行う方法 \- ポップコーン

    ブログの下書きにする

    下記の記事でも紹介

    文章も画像もゴミなブログでもアドセンス審査に合格するには?
    単純作業レベル、センスや資格・能力など一切不問 「面白い文章なんて書けない」「おしゃれな画像なんて用意できない」という人向け。 手抜き文章と1枚の画像でアドセンス審査に通過できたので、その方法を公開

      手順

      下準備

    • 文字起こしを2.まで終えている
    • clipyで下書き用のスニペットを作成済み
    • 「見出し1」「見出し2」「まとめ」など、毎回書いてると面倒なやつをボタン一つで呼び出せるようにしておく

      Xmindで構成

    • 新規作成
    • 「内容」「主張」「体験」「まとめ」「その他」など見出しとなるトピックを作成
    • Xmindでもスニペットみたいな機能はあるけど、有料だった気がする

    • それぞれのトピックに文字起こしの内容を仕分け
    • この時ついでに誤字脱字を修正したり装飾したりすると、文字起こしの仕上げ作業も並行でできる

    • エクスポート→HTML
    • マップ画像は省略していい

    • エクスポートしたHTMLファイルをmiで開く

      miで一括置換

      このHTMLファイルをそのままBearで開くと見辛いので、一旦miで調整する

      一括置換するには、txtファイルを作成する必要がある

    • 参考までに自分が作った置換用のtxtファイルを公開しておく
    • mi置換用.txt – Google ドライブ
    • コピーして新規txtファイルにペーストして保存すれば使える
    • 正規表現に関してはかなり適当なので、修正は歓迎

    • 一括置換の手順は以下
    • 全選択
    • ⌘+Fで置換ウインドウを開く
    • 「検索オプション」内の「正規表現」にチェック
    • 「特殊な検索」内の「一括置換……」を選択
    • ファイル選択画面で、先程のtxtファイルを「開く」
    • 置換に成功したことを確認
    • 失敗したら⌘+Zで戻れる

      正規表現が雑なので、完璧な置換は無理だと思う

    • ⌘+Sで保存

      BearでMarkDown変換

    • 全選択
    • Shift+クリックでタイトル以外選択
    • カット
    • clipyで下書き用のスニペットをペースト
    • スニペットに合わせて内容を仕分け
    • この時点でかなりの文字数になるので、Bearでは作業が大変になる

    • 「MarkDownでコピー」を選択

    • 再びmiを起動
    • 「ドキュメント」「モード」「MarkDown」でペースト
    • 下書き作業

      miだと画面分割や見出しリスト・折りたたみ機能など、長文を書くための機能が豊富

      間にBearを挟んだのは、Markdownの方が見やすいのと、装飾が簡単なため

    • あとは装飾や修正して仕上げ
    • 僕はChrome拡張機能の「Find&Replace」を使用中

    • 予め置換パターンを作成しておけば、かなり楽になる
    • 投稿

    自由なコメント